【先行配信】美人面犬の飼い方の無料のネタバレを無制限で読むことができます!!

美人面犬に媚薬を飲ませると

「う、そ… 。 な、んでぇ…?っぁ…」

「やめて、や、んん、助け、ひゃあん」

理性と体をとろとろに蕩かされ、最後には、自ら何度も懇願し与えられました。

 

『美人面犬の飼い方』

達磨さん転んだ×チンジャオ娘

美人面犬の飼い方の公式サイトはこちら>>

美人面犬の飼い方のネタバレ

ある日、主人公は友人から、二人の大切な人物が川に溺れてしまったとしたらどちらを助けるか聞かれました。

 

主人公の答えはこうでした。

 

泳げない方を助けるとのことでした。

 

これは決して間違いではないと思いました。

 

当たり前のことを当たり前のようにスムーズに出来る人もいれば、当たり前のことがなかなか出来なくて人の助けを多く求めてしまう人もいます。

 

そして、何より主人公が優しかったのでしょう。

 

主人公は、付き合っている彼女を見捨ててまで自分に想いを寄せてくれている同級生に付き添うことを選んだのです。

 

主人公の中では、彼女は一人でも大丈夫な人物で、想いを寄せてくれている同級生は一人では何も出来ないくらい心配してしまう人物だったのもしれません。

 

しかし、主人公はある病を発症していました。

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

美人面犬の飼い方の感想

それはパニック障害です。主人公には、救おうとして救えなかった人物が身近にいました。

 

それも二人です。そのトラウマが、自分よりも人を大切にしたいという思いを抱く原因になったようにも思います。

 

 

目の前で困っている人がいたなら多かれ少なかれ人は困っている人を救おうとするでしょう。

 

しかし、自分が苦しい思いをしてまで誰かを助けようとする人間は少ないのではないでしょうか。主人公の優しさは心に来るものがありました。

 

けれど、主人公自身にも自分の幸せな道を歩んでほしいと思いました。

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓